« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

来週27日(木)です!ライブIn白楽!!

選挙で、通り過ぎる人々にどうか一票入れて
くれたらと切望する気持ち、少し判るような。。
駅にいる人々に
「皆さん、ライブに来てくださいね!素晴らしい
 演奏者を呼びしておりまーす」
と叫びたい衝動を感じる事が有るから。。。

来週27日(木)のライブもまさしくそれです!

素晴らしいテナーサックス 登敬三
上海から歌手、きしゆうこ
そして素晴らしいギタリストを二人も!
柴内貴彦、上野高史のタカタカDuo

「あれっ。楽器2種類なのに5人もいる!」
上海で試したVoDuo曲を再チューニングの上、
数曲歌わせて頂きます!熱くあったかい年末ライブに
なりそうです!
===============
12月27日12月27日(木)六角橋(白楽)Lafiesta
(Ts)登敬三、(GtDuo)柴内貴彦&上野高史
(Vo)Vino、ゲストきしゆうこでお送りする、
Jazz管弦Band!11月にゆうこ&Vinoで
上海で歌うDuoナンバーも。
20:00ー 2Set 
2800Y(2D付) 予約2500Y 
+1FoodOrderお願いします。
(東横線白楽徒歩5分)
===============

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ふちふなさん」のこと

ライブ鑑賞記って、結構色々支障が有って書きずらい
のでしばらく書いて無かったのですが、Unit結成20年
のベテランの面白かったライブなので、いいかなあ。。。

「ふちふなさん」とは、歌い手作り手の渕上さんと、
Wbの船戸さんのDuoUnitのこと。ファンの人達は
信愛込めて「ふちふなさん」と呼んでいるとのこと。
(関西人は省略しますからね。)

船戸さんは、登敬三は昔GtTrioでCDを制作していた
ときのメンバーで、今も定期的に大阪の「呂(Roo)」とい
う店で光田臣さんと演奏している人なので、その方のご
夫婦Unit「ふちふな」って一度聴きたいと思っていましたが、
帰省の時になかなかタイミングが合わず、1年経ち2年経ち
ちっとも聴けないな、と思ってました。

と船戸さんのTwitterに東京でのライブ告知!
こういう時は便利なTwitter.

どういう感じの音楽か何も知らずに行ったのですが、
面白かったです。

北極から連れてこられたシロクマの悲哀を歌った
「私はシロクマです」
擬態語だけの歌詞
「大坂の歌」
(新作)古本屋の日常を歌った
「古本屋の歌」

いやー。虚を突かれて、ミゾオチにパンチみたいな感覚でした
「私はシロクマです」は始めは「何を言い始めたんだろう?」と
思って聴いているとやがて大自然から離れ、狭苦しい動物園
の檻でみせものになっているシロクマの独り言と気づきます。で、
はからずも後半、ぐっときてしまうのだ。。。ああ、やられた。

渕上さんの声は、謎めいた魅力が有り、少年のような
語り部のような、もののけのような。。。
そう、「女性性」って事を何も全面に出していないのだ。
(ご本人は素敵な方ですよ)
恋の歌も無いみたい。

そして、一番ガツンと来たのは、

本当の自分を体の芯から表現しているってこと。
やりたいこと、言いたいこと、表現したい世界を
ストレートにやっているってこと。流行とか、年齢
とか、何のジャンルとか、関係ないって世界。
関西で人気の有るUnitでファン多いらしいのです。
うん、わかるなあ。関西人としてとってもぐっと来る
(濃いとかでないですよ。じつにさらっとやっている
 感じだし)

おもろくて、やがて哀しい。
これは藤山寛美が(藤山直美の父)率いていた
「松竹新喜劇」のコンセプトです。。

渕上さんのやりたい世界を汲み取って、とても能動的に
支えている、船戸さんのコントラバスが素晴らしいです。
静かに凄いです。関西でたぶん一番の腕利きの音楽家
である船戸さんが夫って。。羨ましいです。。。
(いや、どうかな。。音楽家は気を使いますよね。いやはや)

20年も音楽を作り続けてライブにかけている人を
簡単に追う等とは言えないけれど、自分もよちよちの足を
止めずにいたいなあ、と思うのでした。

会場から駅まで、不思議な幸福気分。。。

ああっ、CD買い忘れた。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »