« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

やはりアウトビートだ!

以前、WorkShopで、何人かのPro演奏者に、

「もっとアウトビートに乗せないとだめだ」と言われてから、

アウトビートというものって何だ~~~で過ごして来たの

ですが、

やはり最近、アウトビートが大事って事を色んな場面で

痛感。

何かBeatがだめな時、それは表面のリズムやメロディーだけ

を追っているときだし、

何か確実に掴みながら歌えてるって時は、演奏のアウトビート

が感じられている時。

これが無ければ、やっぱりJazzじゃないんだなあ。

ErollGarnerの右手は「ビハインド・ザ・ビート」と言うらしいけど、

このPianistの右手は気持ちよくSwingしてました!

(左手はOnで刻んでます。。)

ボーカルは演奏者とは別で、歌詞が付いた瞬間に、

楽器みたいなBeatをKeep出来ないと思っている人も

多いようですが、

ところがどっこい、ボーカルもこのBeatを刻んでないと、

メロディーが乗らないので、歌詞の乗せ方にはとても苦労し、

先人を研究し、楽器を研究しているのです。

歌詞は変えられない。でも、強弱、乗せる位置、LongToneの

終わる位置、これは工夫出来るので、Swingしてるカッコ良い

歌手の歌は、このセオリーを外していないようです。

とは言いながら、ちょっと慣れてきたかもなんて時に、足を

くじくのが山登りで。

私はまだ登山口ですけど。

この先も、頑張って追い求めてみようと思います。

| | コメント (0)

Live@Paco麹町

Pacoで3回目のDuoLiveです。
新しい曲、見直した曲等を取り混ぜて。。。

う~~ん。。。なんだか判らなくなってきた感有で。

一瞬「こうかな?」と思っていた事が、

遠のいた気がした夜でした。

もう一度引き寄せないとなあ。。。。

当日にぴったり照準を合わせて聞かせるという事は

本当に難しい。

何か起きても、動じないで出来るようになるには

まだ遠いのでした。

と言いながら、次のLiveは決まってるし。
自分で決めた事だし。

また練習です。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »