« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

リハ@横浜

今年最後のLiveのリハでした。
11月29日のPocotanに向けて確認作業。
柴内先生、鈴木正浩さんのGtDuoで。
3人が集まるのは6月以来です。

柴内さんのGtだけでもSwingyなBeatを感じ
ながら歌う練習が出来るので、ある種楽しい
のですが、2本になると、一段と気分が上がり
ます。

今回のLiveは2008年の最後なので、長く
挑戦してきた曲をおそるおそる蔵出しします。
(自分にとっては。聞けばずっこけるほどの超
スタンダードですが。。)思い切ってLiveでやる
と宣言しないと、飛び出せないので。。

リハの最後に
 「もしどれかGiveUpの曲があったら。。」と言い
つつ、先生を見ると、厳しい顔をしているので
 「え。いやなんでもありませんし。」と誤魔化
す私。。Giveせずにやれという事でしょう。。。

気合で。。。気合だけでもなく、挑戦しよう。
年末はどんなMenuで取り組むか、後で考える
として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GtDuo+Vo@TAP横浜

11日は、2回目になる柴内上野DuoとのLiveでした。
マスターと奥さんの人柄で、とても和やかなお店です。
友人の親戚のお店で、Gtの先生がLiveをやっている
枠にお邪魔する形で始まったLiveですので、とても
安心して歌わせて頂けるので、幸せです。次は1月に。

ギタリストのファンらしき、OLさん二人連れが先月に
続いて来場。またVo入りの時にも来てくれるそうです。
MCも含めて「ほっこりする気分になる」と言って貰えて
嬉しい。。(音楽の技術的な事は別です)

色々有りました。スピード指示が勘違いとか、1語
抜けたり。。。大反省。次のPocotanではポカミスは
NGで行きたいです。。。収穫は、Gt2本の音を冷静
に聴けた事。でも途中聞き惚れ過ぎになりがち。。
いかんな。。。。倍転の曲、Soloで倍転になった時
にサイズをLostしがちで、元のBeatでしっかりカウント
しないとと思うのでした。

Gtのお二人は、何か有っても、ぴたっとついて来てくれる
ので、とても安心。。。というか自分が慣れて来ただけ
ですね、きっと。

(つぶやき)
Popsは歌詞が長すぎる。。。5番とか6番とかまで
語らなくても。。。Vocal泣かせです。TAPではPopの
レパートリーも増やしつつなので。。。これが気になって
とてもプレッシャー。。。。。

今月は11月29日の四谷のLive。2008年の最後
のライブなので、頑張りたい。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソシテアルイハLive@西荻サンジャック

WSで知り合ったUnyaraさんのBandのLive。
サンジャックは普通の洋食屋に見えるのですが、
いろんなミュージシャンが自前のUnitでLiveをやる
知る人ぞ知るお店だそうです。(フロアの半分近く
をグランドPianoが占めているのを見て、普通で
無いなと思いますが。。。)

リーダー(Pf)作曲、Unyaraさん作詞のOriginal
中心。Jazzでは有りませんが、Bossaが有ったり、
Pianistのリフを聞くと、Jazzの匂いがする、お洒落
で不思議な曲が多いです。WSでは低音の魅力
を発散していたし、JazzLiveでは違うらしいですが、
このUnitでは甘いファルセットで、軽やかに歌って
います。40分程のLiveですが、楽しくなっちゃって
いる内に終了。もう1Set聞いても良い感じです。

対バンの「航」さんは女性のPf弾き語り。キース
ジャレットが日本人女性だったら、こんな弾き語り
を。。。と思っていたら、やはりキースの大ファンだ
そうです。キースのPianoで歌うって発想は無かった
けど、弾き語りだけに、見事に実現しています。
(Duoでは難しそうなタイム感の曲が多かった)
歌詞は思い切り日本語で日本人の世界。。。
とても興味が沸きました。。。。この方Piano巧い
んです。正確なリフのリズム、音の潔さ。

音楽って色んな関わり方、アプローチが有るんだ
なあ。。自分もせめて聴くだけでも広く間口を開けて
おきたいと思いました。

追記:
UnyaraさんのOpenMindなステージを見ていて、
つくづく、Vocalは人格が出るなあと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »