« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

ジャンベ体験@浅草JPC

昨年、ユッスー・ンドゥール公演で、ワガン・ンジャロ
エ・ローズさんのジャンベに魅了されて以来、気には
なっていましたが、WSの日程に予定が合わず、な
んとなーく先延ばしになっていたジャンベ体験に行って
来ました。

講師は元オルケスタデラルスのワールドツアーメンバー
のコスマス・カピッツア氏。

どこを叩けばいいかも知らない初心者でも、2時間で
超基本から、ちょっとしたアンサンブル遊びまで体験出
来ました。18人もいると興奮しますネ。

判った事
 *今日のは、象牙海岸付近の部族のリズム。
  収穫時の歌の一種で3連の五拍子。
  2+1+2の構成ですけど、間に挟まる拍子の間
  に摘んだものをカゴにいれるのか。。。
  
 *女性の愛好者も多いみたい。大きいジャンベ
  Bagを背中に担いで沢山来てました。。。

 *右利きは右手から叩き始めるのが普通のよう  
   です。私は右手から始めるのはとても気持ち悪く
   左に変えたら断然スムーズ。隠れ左利きかな。。

ラテンBandを始める気も、パーカッション奏者になる
積もりも無い人でも、ワークショップなんかで叩いて
みるのは、ストレス解消にはぴったりなので、お奨め
です。

ただし、スカーンという高い音はなかなか出るように
ならないとの事で。。。芸の道は厳しいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠レッスン。。。。

久しぶりのレッスンです。出張でNGになったり
していました。

バラードと4Beatを1曲ずつ。。。。
緊張すると声が堅くこもり。。。
調子に乗ると、とっても「おどろし系」演歌に。。
いかんいかん。。。。

最近は少しだけ、表現とか、感情の事を話して
くれたり、ちょっとしたLiveでのコツを教えてくれたり。
(うん、以前はそれ以前の問題で手一杯でした。)
厳しい人ですが、基本的にLiveへの挑戦を
応援してくれているのが伝わるのでした。
済みません。。。脳みそ固まりかけのVocal
を調教頂きまして。。。

先生と一緒に歌うと、あっという間に解決
する事も多いのです。かっこよく乗りが出る。
それは危険危険。。楽しくコピってしまい
ますし。。。やっぱり、自分で探って、自分の
好みを絞っていかなくては。。。。

最近先生からの
「この曲歌っている?」という質問が一番
危険。
「ハイ」=「では歌ってみて」
「いいえ」=「え、まだやってないの?」
いずれにしても・・・なので、いつも
「へ、へえ」というような返事になりまする。
(聞いてくれる事は嬉しいです。ちょっと
 プチ一人前のよな気分。。。プチですよ)

=今日判明した事=
先生がいつもSet間に飲んでいる飲み物は、
水で あって、決してDryGinでは無いという事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠Live@Climat六本木

師匠ロミさんの、PfDuoLive鑑賞。
Duoでの歌は初めて聴きました。いつもこの
ワインバー「Climat」で演奏していらっしゃいます
が、ワインが高い店なので、「無理して来なくても
いい」と言われていたので。

無理して行ってみました。チリワインが8000円。
あとは天井がありましぇん。。。。
安くは有りません。MCも有りますし。

でも、Duoは聴いておいて良かったです。Bandの
時とは、声のコントロールだけでなくて表現が違う
みたいです。Drms+Wbがいない分、Vocalで
ある種のBeat感を「くいっくいっ」と軽く引っ張りながら
歌うような曲も有り、ゆるーく海に漂うように歌う曲
有りで、いつものComboとは全く違うロミさんの
Vocalでした。
Duoでしか出ない世界が誰にでも有るんですね。
Pianoの上保一恵さんの手馴れて、出すぎ無い
やさしいPianoが心地よく浸みてきます。

でもね、普通のLiveHouseの2回分は必要。
これはやっぱり、数を行こうと思うと厳しい価格
です。若いころなら入店不可能。。。。。

お盆でお客様も少なくて、カウンターでロミさんの
デビュー前の話を聴いたり、最近自分が思う所
を話たりして、楽しかった夜だったから、ま、いいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さがゆきさん+潮先+澁谷さん@あうん

お盆休みで人の少ない東京でした。
新宿あうんにて、CDのレコーディングメンバー
でのLive。しばらく地方のLive等が入るよう
なので、このタイミングで拝聴する事に。

潮先さん中牟礼さんのDuoで一度聴いて、
自然体の歌に魅力を感じてましたので、期待
してました。

潮先さんとの「NearnessOfYou」これは
素晴らしいです。完璧に相手に任せきって
歌うさがさん、気軽に弾いているようで、完璧
なタイミングで入る潮先さん。簡単にまねは出来
ないけれど、音楽を共有している事。。。は
素晴らしいです。

さがさんは即興とか前衛アートとか色々に活躍
されているので、自由に歌う人というイメージが
先行していましたが、その根底に、厚く深いBeat
が流れていて、引き込まれてしまいます。

素敵な新宿の夜。珍しく潮先さんがウイスキーの
ロックをたしなみながら、ほろ酔いで演奏されて。

超ベテランの大人の音楽の夜でした。

次の日の自分のレッスン。。。前日のライブが
まだ頭に残っているだけに。。。。。
厳しいですね。天と地底ですし。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴内上野@TAP 7・AUG

Liveのちらしなどを持って行く約束をしていた
ので、Liveの日に合わせました。
今日は、柴内さんはクラシックGt,上野さんは
Fenderです。

私の先生が共演されているギタリスト高嶋さんの
お弟子さんが来ておられ、しばし、師匠談義に。
教え方は様々なんだなあ。高嶋さんはあまり細かい
事は言わずに、自由に弾かせてサジェッションする
やり方らしいです。弾ける人なのでそうなのかな。。。

6月のPocotanで弾いて頂いた、鈴木さんが来て
ました。1曲飛び入りで。。冷静に聞くと鈴木さんの
GtはSwingJazzのフレーバーがしっかり感じるなあ
と思いました。巧いんですね。

1曲歌ったのですが。。。。
アメリカ人とデンマーク人のお客が。。。。早くも
元町外人の前で歌ってしまいました。。汗汗))
緊張するなあ。。。。
帰りの電車で、上野さんは「気にしなくてもアメリカ人
だって、歌詞は適当だったりするよ」と。。。USでセッション
に励んだ経験の有る人の発言とはいえ、ギタリストの言う
事を信じていいのでしょうか。。。ちょっと。。。

微熱で暑いのか、気温が暑いのか、なんだかわからん
元町の夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Live告知@TAP:9月9日(火)

9月のまだ暑い頃に、夏の残り香を感じながらの
Liveになりそうです。柴内先生と上野さんのDuo
で、Jazzと70年代の曲の曲を。(勝手に好きな曲
を選びました。。聴きたいからというわけで。。。)

柴内さんは、潮先先生の直弟子で、若手を教えつつ
Live活動中。4Beatがカッコ良い演奏者。Bassを
回しているだけでSwingします。とってもシャイな感じ
の人ですけど、音には厳しい。でも演奏は繊細。

上野さんはギターの専門学校で講師をされている人で、
コンテンポラリーな演奏がお得意。お若いのですが、Live
のサポートや作曲の仕事等、多方面に活躍されています。
やさしい人当たりで会うたびにホットする人です。
でも演奏はアグレッシブ。

私は、と言えば、よちよちの掛け出しで、紹介する程の
中身は無いのですが、いつも「もう一歩先へ」を目標に
やっています。Gtに嵌っていまして、これからも嵌っていた
いと望んでいる訳なのですが。。。。。。
さて9日はどうでしょうか。。

9月9日(火) 19:30ー (2Set)
LiveBar「TAP」元町商店街入口交差点
  URL: http://www.tap-jp.com/index.html
 演奏: Vino(Vo)
     柴内貴彦(Gt) 
     上野高史(Gt) 
 MC:1600円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »