« Live@Pocotan終了 | トップページ | リーオネル・ルエケ/「カリブ」 »

リーオネル・ルエケ/In A Trance

CDショップで衝動買いしました。なんでも、奨学金
Auditionでハービーハンコックが惚れこんで、自分
のTrioに入れてしまったというギタリストだそう。
昨年の東京Jazzで話題になったらしいのですが、
知りませんでした。

=Profile=

1973年ナイジェリアの西側の国ベニン生まれ。
パーカッションの後に、その後ギターに転向。
(小さい頃、自転車の車輪の鉄線!を弦にして弾いて
 いたそうです。。。)
1990年、国立芸術学院で学ぶために、象牙海岸
に赴き4年間を過ごし、その後パリで1998年
「American School of Modern Music in Paris」
バークリー音楽院に奨学生として入学後、「Thelonious
Monk Institute of Jazz Performance」のオーデションに
応募、奨学金を得る。(ここでハービーが一目ぼれ!)
その後NYに渡って現在に。

「In A Trance」

アフリックなリズム世界を弾き語りで一発録音。独特の
節回しのSatをしながらGtを掻きならし、時に叩き、その
行間に。。現代的なフレーズが埋め込まれているサウンド
です。すごい事をしているけれど、全く緊張しないで聴ける
ので、どんどん落ち着いて来ます。ヒーリング音楽なんて言
ってしまうと薄い感じがしますが、深いヒーリングを与える
音なのは確か。なんか好きだなー。これがJazzかどうか
よくわからないのですけど、そんな事どうでも良かったりし
ます。
ガットGtの音色、彼の声、さみだれみたいなリズムの連続
(やはりアフリカは6/8と2拍子が基本なのかな。。。)
で、時間を忘れる。。。そんなアルバムでした!リズムで遊
んで育った人の音楽です。

直ぐに最新作(ハービーとの共演)を発注しました。
配達日が楽しみです。

|

« Live@Pocotan終了 | トップページ | リーオネル・ルエケ/「カリブ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220716/41713533

この記事へのトラックバック一覧です: リーオネル・ルエケ/In A Trance:

« Live@Pocotan終了 | トップページ | リーオネル・ルエケ/「カリブ」 »