« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

FridBanana@青梅

つい最近、身内に不幸が有り、引きこもって
いる友人を無理やり誘って、FriedBananaで
高樹レイさんのLiveを鑑賞。

高樹レイ(Vo)
塩本彰(gui)
佐藤有介(b)
安藤正則(ds)

この組み合わせは絶対お勧めだし、塩本さんの
ギターは良いからと言って有ったのですが、Jazz
は全く知らない友人で、生の一流Proの演奏を
聞くのは初めてだそう。

Samba有り、明るいBossa有りで楽しいLive
だったんです。友人も自然に体を揺らしてました。
音楽に説明は要らないんですね。塩本さんもそう
言っておられました。

塩本さん、すごく乗っていたし、色んな技巧を
次々繰り出して、忙しいくらいでした。。。
2Fingerでオクターブ奏法してたかと思うと、
Volume切って生音でかき鳴らし、即Mellow
なリフに入ったり、バラードでは本当に綺麗な
オブリを繊細に弾かれてました。うーん。多彩。

この人たちは、音楽を奏でているんじゃなくて、
音楽で心臓を動かしているんではないか。。
音楽で呼吸してるんじゃないか。。。それくらい、
「弾いてます」感の無い音なのです。。。。。
だから、聞いていて純に楽しめるんですね。

あーー。エベレストの雪は綺麗です。
道程は険しいです。
でも、荷物担いで、民宿出発しちゃったしな。
せめて近くで雪を見たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sesesion@A=J

久しぶりのJSessionでした。
今日もホスト田辺さん舌好調。。。。Gtも
Hartmanの彼、GibsonL-5の人、合計4名
でした。若いWBの人が来ていて、ぐっとくるソロを
弾いていらっしゃいました。

いつものTB、DrmsにVocal4名。みんな普通の
VoSessionの日よりもはるかに演奏のレベルが高い
ので、こちらに来てしまうらしいのです。。

4後半Beatに変えようと提案してた事を忘れて全員が
気持ちよーくバラードでSoloを廻し。。。。どうする
のかな・・・と思っていたら、田辺さんが無理やり倍転の
Interludeを差し込んで解決。。みなさん付いていって
いたのが偉い。。。。みんな「ちょとつー」」とか突っ込み
ながらお聞きになってました。ここのSessionはこの程度
の野次はいいらしい。(ちなみにミスすると、ホストから、
「きゃーおしゃれー」という野次が飛びます。。。)

2拍前に急に転調されて+へんなリフで、「うーん。入れま
せーン」事件も有りました。。。仕切りなおしてもう一度。
Code理論上有っている、とこの曲で入れる、は別なんだなあ。。。
田辺さんが「それじゃ入れないよ」とおっしゃっていたので、
自責100%では無かった筈。。。。
今度は普通に。キメが有る曲はちょっと短時間思い出す
時間が必要だそうで。。。。スキャットでCodeのキメ
を説明しました。

乗り。。。これが揺れるのが課題。言葉の乗せ方が
安定してないとか、迷いあるまま歌っていると、音に
そのまま出ています。なんかあいまーいなへんなりずむ。
ワウフラッターの狂ったレコードみたいな気持ち悪さ。。

帰りの電車で悶々とするSessionでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Live@Pocotan:6月28日

一ヶ月強先の話ですが。

Pocotanでの、2回目のLiveのご案内です。

前回はGtUnit「GGG」との共演でしたが、今回は
JazzGt2本+WbのTrioです。ギタリストは、第2の
Jazzの先生,柴内貴彦さんをソリストで、後輩弟子
の鈴木正治さんがセコンドで。

ミディアムテンポの4Beatを中心にゆったりお届け
したいと思いますので、是非お越し下さいませ。
自分もゆったり出来るのを目標としますが。。
(さてどうでしょうか。。。)

*Pocotanは小さいBarですが、無垢カウンターの、
 感じの良い店内。若いマスターが特色有るBarを
 目指して経営されている、ギターオリエンテッドの
 店。1958製のGibsonがさりげに壁に。。贅沢。

 朝5時まで営業。今回は土曜だから居残りで
  飲むのも可能です。。。。?

日時:6月28日(土) 20:00- 2Set
場所:Guitar Music Bar Pocotan (四谷)
    http://pocotan-hp.seesaa.net/
出演者 Vino(Vo) 
     柴内貴彦(Gt)    
     鈴木正浩(Gt) 
        菊田茂伸(Wb) 
   MC:1800円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友人Live

Vocal研鑽仲間のJointLive。
新宿にて。。

場所が判らず、中野坂上まで歩いて辿りつき、
自分の頭の固さに、呆れるのでした。早めに
家を出て良かった。1Set目に間に合ったし!

LiveModeでの歌を聴くのは半年振りです。
ワークショップや遊びではよく会うのです
が、真剣に聞くのは去年に一度小さなカフェ
でLiveをして以来でした。

がんばってるな。という感じが伝わる歌でした。
もちろん、今からやっていこうという歌手なの
ですから、あれこれ有るとは思いますけど、
少なくとも、「人に聞かせる」事を意識した
いろんな努力が見えるのが嬉しかった。

ライバルだから人が巧くなればどきどきし、
焦ったり、色々有るわけですけど、去年悩み
つつ、(飲み歩きつつ)とにかく一歩踏み出し
てみよう!と励ましあって来たの友達の進歩
は、楽しいものです。

自分も頑張らねばっ。と気を引き締めるの
でした。もちろん負けていられないわけで。。

とは言いつつ、一つづつ目の前の課題や
曲を丁寧に突っ込んでいくしか方法は無い
から、やる事は同じです。。。
何度もしつこく突っ込んだ曲の向こう側に
時々何かがちらちら見えるわけです。で、
すぐに見えなくなるんですが。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮先、柴内さんDuo@三茶

Liveで2度お世話になりました、潮先保彦(Pf)さん、
先生の柴内貴彦さんのDuoのLiveを観覧

2Set目に「OnTheSunnySide。。」を弾いてくれました。
この曲、Liveでしょっぱな失敗し、Introを2周も弾かせて
しまった因縁の曲ですが、同時に初めてGtで拙い伴奏
で歌えるようになった4Beatだとお話したから。。。
 =この曲で何を失敗出来るのですかという指摘は
  もっともです。。反省。
でも最近気を取り直して、最近またスピードを変えたり、
歌い方を変えたりして再挑戦しています。これを張り切
らずに、ゆったり演奏するのもMoodyで良いものですね。
さらっとかっこよく歌えるようになりたい。。。

お店に、柴内さんの後輩の鈴木さんともうお一人が来ら
れていました。潮先郁夫さんの厳しい(らしい)指導に根
をあげずに卒業間近というだけで尊敬します。お二人も
飛び入りされました。キャラの違うお二人Duoで、夏から
ここで演奏されるそうです。

色々考えながら、帰途に着きました。。
うーん。ここに書く程まとまらん。。。もやもや。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柴内+上野さんGt Duo@4月4日

最近、このブログを更新してないね、って言われて
見たら、3月末以来書いていませんでした。。。
余裕無くて、心身共に。。。。。いかんです。

さて、4月4日の柴内貴彦さん、上野高史さんの
DuoLive。これは歌の師匠にはもう説明してます
が、柴内さんは、私の第二の音楽の先生でして、
頭があがらない人の一人。

StandardJazzの柴内さんと、コンテンポラリー系
の上野さんの組み合わせ。まったーり、ゆっくーり
楽しみました。

ほんの2週間程前に伴奏をして貰った人達なので、
知らないわけでは有りませんが、インストだけをDuo
で聞くのは初めてなので、お初な感じでした。方や
イフェクトを殆どかけない真Jazzの音、方やマルチで、
思い切りサスティーン、ディレイを掛けている音。異質
だけど、相性は悪くないんだな。。。と思ったりして。
(ぎゃー。偉そう。。。リスナーとして言ってます。)

巧いんですね。。。歌ってると余裕無くてじっくり感じる
事がまだ出来ないんですが、こうやって落ち着いて聞くと
やっぱり巧いんだなあ。。。上野さんのスローな演奏も
素敵でありましたし。。。

あー、頑張らないとな。。もっと。と思ったのでした。
汗)汗)汗)。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »