« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

GGG@野毛+告知

3月のLiveでご一緒するGtUnitのGGGが
野毛でLiveをするというので、偵察に(?)。
ベルギーBeerに惹かれたのですが。。。。

ヒューガルテン白の生が800円は安いです。
神田のベルギーレストランでは1200円
とってますから。。(神田は本格ベルギー
料理が美味しいんですけども。。)
つい4杯も飲んでしまい、ええ感じに酔って
しまいましたとさ。。。。おなかがすいてたまら
なかったので、ポトフとパンを、演奏中にも
関わらず、がつがつと食し満足満足。。。。
ここは火木だけがLiveDayらしいので、ただ
飲みにだけに行ってもいいかもと思いました。

左隣のお客さんはVoの友人とかで東京
からはるばる来場。ここへ来る前にJazz喫茶
「ダウンビート」に寄ってきたらしく、満足そう。
野毛の濃さが好きなJazzマニア。。。

Liveは、始めは楽しむ余裕無かったです。
このUnitでやんなきゃいけないという事で、音
のバランスとか、皆さんのSolo(の癖とか)を
真剣に聞いていたので。
Vocalは後丁さんという方で、太めの黒っぽい
好きな声でしたし、楽しみました。
Blues有り、Jazz有りの、お客も濃いLive
でしたね。。。。

GtはCode楽器ですが、このUnitでは一人が
Bass役、一人がCodeカット、一人がSolo
という役割で、要はCombo構成(Drmレス)
と同じ。慣れればとても面白い構成だと思い
ます。さて、どれくらいこの構成の意義を生かした
Liveに出来ますか。。。。チャレンジです。

==しつこいけど、の告知欄======
日時:3月11日 19:30- 3Set
場所:Guitar Music Bar Pocotan (四谷)
    http://pocotan-hp.seesaa.net/
出演者:
  GtUnit:GGG(トリプルG)
    柴内貴彦・植木啓示・上野高史
  Vocal:Vino
===================
ご来場お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Session@A

今週は多忙+体調イマイチだったのですが、
ちょうどSession時な曲が有ったので、Jへ。

今日はギタリストが5.6名来場されており、
全てTwinGtという贅沢。。。Gt2本のみも
試した。。。やっぱりJは楽しいです。。。
どんどん好きになる。。。
(自分の出来は。。ま、色々)
Live前なので、Gtと自分の声のバランスを
小さい箱で試せるのは貴重なのでした。

若手GtのCさん。すごくEmotionalなGtを弾く
人です。雰囲気もなんだかGtを弾く為に生まれて
来たようなムード。普通の好青年ですが、弾き
始めると、表情がProに変わる。。。手強いSolo
でした。Bluesな曲にはぴったり。1-3弦の音が
良いので、2Chorusから唄に強いEmotionが入る。
演奏者の影響ってすごく大きいです。

超ベテランTsのDさん。演奏は聴けなかったけど、
話しかけて来られ、
「深くてええ声してるよ、がんばりや(大阪弁)。」
そして曲との取り組み方について色々親切にWS
して下さる。内容がT'sでの湊さんとそうとうかぶった
ので驚く。。。。基本メロとがっつり付き合ってみろ
という話だった。ちゃんとした演奏者が来ている
Sessionは話も有意義なのだ。。。

この店の良い所は、来ている人が巧いのに、
「気が良い」人達が多いという点。これはホストの
方の明るい性格とそつのないLeadによるもの
なんだなあ。。。。

Vocalって普通のSessionではちょっと異分子
だけど、色々試してみるぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(雑感)素のままの唄

ちょっと前までは、セッションでは相当に「染みた」唄
しか出来なかった。(途中で失念ってわけに行かないし)

今年になってからのセッションでは、一応腑に落ちた
状態になったら、とりあえずセッションで唄って音源を
とる事にしてみた。(少しだけ、なんとかなるわい。。
の根性が芽生えて来たのか。。。)

もちろん仕上がっているわけでも無いのだけど、一つ
発見したのは、
「覚えたての曲は、すごく素直に歌っている。」こと。
変な癖や、やらしさが無い。
昨日のセッションでも、お初の曲を何も考えずに
唄ったら、
「素直にウタットルのはいい感じじゃ。がんばんなさい。」
と言われ。あ、人の耳に自然に入って行く事は大事
なんだな。。。と思いました。
もちろん、完成しているわけでも自分らしく出来てる
わけでもないんだけど。
そして、
「深い良い声してるよ。そこを生かしなさい。」とも。
嬉しいです。。。。がんばりまっす。

ここから良い方向に
歌い込むのが、難しいのですね。。。。
変なコブシ、意味の無い半拍休符、シャウト。
相当曲者の癖が頭にこびりついているので、
あっという間に「演歌」で完成しがち。。。。

さらっとかっこよく、洒脱に。。。
そして、ここというところではガツンと。
緩急付けられなければ1軍では投げられない。

また、がんばろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Live:3月11日@四谷w/GGG

もうすぐなので、再度告知します。
GtUnitのGGGは面白いので、お勧め。
(コミックBandでは無いですよ)
Gt3本とLiveも初めて。都心も初めて。
さーどうなりますか?
弾けていきたいですね。

日時:3月11日 19:30- 3Set
場所:Guitar Music Bar Pocotan (四谷)
    http://pocotan-hp.seesaa.net/
出演者:
  GtUnit:GGG(トリプルG)
    柴内貴彦・植木啓示・上野高史
  Vocal:Vino

*Jazz/Blues/Contemporaryを得意とする
   3人GtUnit、GGGと共演致します。中盤の  
 SetでGGGに思い切りInstLiveで暴れて
 頂くとして、1,3SetではJazz,Bluesを
 VoとGtのコンビネーションでお聞き頂き
 ます。
*Pocotanは小さいですが、お酒も食べ物
 も揃っているギターがテーマのLiveBar。
 朝5時まで空いており、居残って朝迄飲む
 もよしですよ。(危ない店ですね。)
 Guitar常備なので、NoLiveの日に立ち寄
 って弾くのもOKな店です。
 (夜中に意外な大物が飲みながら演奏
 して遊んでいる事もあるそうです。。。)

WeekDayですが、帰宅の途中に是非お立
ち寄り下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギター屋めぐり:弦楽器遍歴

ギター屋巡りをしました。
Proやマニアの行く店にギタリストの陰に隠れて。

開けるなり、左手にリペア中のGtが作業代に。
右手には、Gibsonのビンテージがずらーっ。
色んなProの方が買いに来ている店だそうです。
ここが高校生なら、
「すげーっ」という場面なんでしょうねー。たしなみを
忘れる訳にいかないので、黙って呆けて観覧。
自分の探し物は有りませんでしたが。。。。。

ふと、自分の弦楽器遍歴を思い起こしてみたの
です。(最近、なんでGtなの?って聞かれる事が
余りに多いからかな。。)

6歳:おもちゃのウクレレ。赤色に自分で落書き
   (カスタムペイント?)
9歳:三味線と琴 (これは13年継続。珍しい)
13歳:フォークギターでDuo
19歳:EG(YAMAHA SF)でRock
25歳:EB(友達のを借りたなあ)でRock
?歳:ウクレレ再び。これは押入れの肥やし

弦って弾いた後の余韻が体に伝わって来て、
気持ちがいいのですよね。(三味線のような箱
の小さいものでも、それは有ります。)ギターも
弦の弾かれる音が純粋に好きだし、余韻や
スラー、チョーキング等の連続的な音の変化
も弦楽器ならでは。

Gtは、本当に色っぽい楽器なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »