« 26日:Live@Farout | トップページ | Proと演奏するという事 »

12月6日Dianne Hubka @Contton Club

ダイアンハブカ+伊原康司(Pf)のLiveでした。
SSJの企画招聘来日だったようで、Rさんのお誘い
で。

自身がGtを弾きながら歌うというのが興味のPoint
でした。半分を弾きながら半分をマイク持って歌って
ましたが、
 =Gt持つと歌が素敵に変わる。でもマイクだと
   平板な歌に。何故なんだろう。
   (音程が定まるなら私もGt持とうかな。。。
    と真剣に思ったです。)
 =Gtは7弦。一番太い弦が、ブーンブーンと  
  響いていて、いい感じです。WBなくても、1弦で  
  Bass音が出ていました。
 =Rさんの批評は、辛口でした。確かにさらっと
   BGM的に聞こえるので、きっとドライブ中に
   かけると思います。でも集中して何かを掴むぞ
   と思わせる歌では無かったのは確かです。

彼女はソロは弾けないそうです。Backingだけなの
です。FolkSongから来た歌手だそうで、そういえば
そんな感じだと思いました。

Codeを鳴らしながらVocal....うーん。道のりは長
そうです。挑戦してみたいが。。。歌をもっとBrushUp
しないと。。

|

« 26日:Live@Farout | トップページ | Proと演奏するという事 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220716/17297980

この記事へのトラックバック一覧です: 12月6日Dianne Hubka @Contton Club:

« 26日:Live@Farout | トップページ | Proと演奏するという事 »